過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

症候と血液性状の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
皮膚の黄染 ---------------- カルシウムの増加
 2 . 
くも状血管腫 --------------- 鉄の減少
 3 . 
口角炎 -------------------- ビリルビンの増加
 4 . 
匙状爪(スプーンネイル) ----- アルブミンの減少
 5 . 
紫斑 ---------------------- 血小板の減少
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解は 5 です。

臨床栄養学/傷病者・要介護者の栄養アセスメントからの出題です。

1:皮膚の黄染は、ビリルビンの増加によって起こります。

2:くも状血管腫は、エストロゲンの増加によって起こります。

3:口角炎は、ビタミンB2の欠乏によって起こります。

4:匙状爪(スプーンネイル)は、鉄の欠乏によって起こります。

5:正しい組み合わせです。紫斑は、血小板が減少すると出血しやすくなり、皮下出血が起こることで見られます。

2016/03/12 19:30
ID : oovsedpp
0

1. 皮膚の黄染(黄疸)は、ビリルビンが増加したときにおこる反応であるので誤となります。

2. くも状血管腫は、肝硬変や慢性肝炎が進行したときにおこります。胸の上部や首、上腕などにくもの巣状の毛細血管が浮き出て、赤い斑点ができます。よって誤となります。

3. 口角炎は、ビタミンB2の欠乏によっておこるので誤となります。

4. 匙状爪(スプーンネイル)は、鉄欠乏性貧血の症状であるので誤となります。

5. 紫斑は、血小板の数や質の異常やアレルギー、血管壁が壊れやすい、老化等が原因でおこるので正となります。

よって正解は、5. となります。

2016/09/22 16:48
ID : ftvfcgqaq
0

正解は 5 です。

1:皮膚の黄染(黄疸)は、ビリルビンの増加によるものです。

2:くも状血管腫とは、くもの胴体のように数ミリ程隆起した動脈から、くもの足を広げたように毛細血管が浮き上がって見える症状のことです。
肝硬変の症状の一つです。

3:口角炎は、主にビタミンB2の減少によるものです。

4:匙状爪(スプーンネイル)とは、スプーン状に爪が反り返ることを指します。
鉄の減少によるものです。

5:紫斑は、皮下出血によりできます。出血の一因として、止血を促す血小板の減少があげられます。

2015/04/17 08:14
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。