過去問.com
過去問.com  >   管理栄養士 過去問  >   過去問題 一覧  >   管理栄養士 過去問 第27回 一覧  >   給食経営管理論 問題15374
問題

管理栄養士 過去問
給食経営管理論 問題15374

調理工程の標準化に関係する項目である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
料理の調味割合
 2 . 
調理の加熱温度
 3 . 
食材料の加工度
 4 . 
付随作業の時間
 5 . 
調理機器の能力
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
0

正解は4.【付随作業の時間】です。

以下、詳細の説明です。

1.×(正しい記述)
大量調理では、塩、砂糖、酢などについては調味パーセントで
味を予測し、実際の料理では重量で計算します。

2.×(正しい記述)
熱源の種類を標準化することによって、予熱時間や加熱温度・時間、
1回に加熱する分量などが統一されます。

3.×(正しい記述)
食材料の加工度を標準化することによって、調理担当者の技能や
技術に左右されにくくなり、料理が一定の品質に仕上がります。

4.○(誤っている記述)
大量調理の調理工程には様々な調理操作があり、各操作ごとに
目標を決めて調理の方法、手順を整理し、調理の標準化を行います。
しかし、付随作業は調理工程に含まれるものではないため、
調理工程の標準化の対象には含まれません。

5.×(正しい記述)
調理機器の能力を標準化することによって、
作業の省力化や合理化を図ることができます。

2016/09/30 20:39
ID : hyqgtumzsd
付箋メモを残すことが出来ます。
0

正解:4

付随作業とは、食器の洗浄や配膳・配食など調理後の作業のため調理行程に直接影響があるとは考えにくいため、標準化する必要はありません。

2016/07/11 13:09
ID : opbapyocf
0

正解は 4 です。

4:付随作業の時間は、調理や出来上がる食事に直接影響を及ぼすわけではない為、特に標準化する必要はありません。

2015/07/03 06:43
ID : zserdqsf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。