過去問.com

第27回 管理栄養士国家試験 給食経営管理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

給食施設において予測される事故・事例とその防止対策の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
配膳ミス ------------------- 機器類の定期点検
 2 . 
ヒヤリ・ハット事例の再発 ----- 調理業務の外部委託化
 3 . 
食中毒の発生 -------------- インシデントレポートの分析
 4 . 
調理従事者の怪我 ---------- 毛髪ネットの着用
 5 . 
異物混入 ------------------ 検便検査の実施
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は3.【食中毒の発生 - インシデントレポートの分析】です。

以下、詳細の説明です。

1.×
配膳ミスは、配膳前・配膳時にダブルチェックなどを行うことにより防止します。

2.×
ヒヤリ・ハット事例の再発は、インシデントレポートの分析・共有により防止します。

3.〇
インシデントレポートとは、食品汚染や異物混入などがあっても、
喫食者に提供される前に気づいて実際の事故に至らなかった事例を報告するものです。
これらの事例を報告して蓄積することで、事故防止や安全対策に役立ちます。

4.×
調理従事者の怪我は、仕事のマンネリ化や機器類の不具合によって起こりえます。
よって、作業時の確認事項について記録をとると同時に、
定期的に点検を行って評価します。

5.×
異物混入は調理者の毛髪ネットの着用や、
汚染区作業域での適切な不要物の除去や処理によって防止します。

2016/10/16 21:53
ID : hyqgtumzsd
0

正解:3

給食施設におけるインシデントレポートとは給食を提供して利用者に傷害を及ぼすことにはならなかったもののその現場に置いてヒヤリとしたり、ハッとした経験に対する報告書のことです。
そのため食中毒の発生ではインシデントレポートの分析は防止対策として重要だと考えられます。
1.配膳ミスは配膳前に確認することで防止します。

2.調理業務の外部委託化では、ヒヤリ・ハットの事例の再発を防止できるとは言い切れません。
4.調理従事者の怪我はインシデントレポートの分析等により防止します。

5.毛髪ネットの着用等で異物混入を防止します。

2016/07/11 14:29
ID : opbapyocf
0

正解は 3 です。

インシデントレポートとは、ヒヤリ・ハット等の出来事や事例に関する報告書のことです。
以下の事故・事例には、いずれもインシデントレポートの分析が必要です。

1:配膳ミスは、配膳前・配膳時のチェック強化などにより防ぎます。

2:ヒヤリ・ハット事例の再発は、インシデントレポートの分析により防ぎます。

4:調理従事者の怪我は、各調理従事者の注意力強化や、機器類の定期点検などで防ぎます。

5:異物混入は、毛髪ネットの着用などにより防ぎます。

2015/07/06 08:21
ID : zserdqsf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。