過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

健常成人の血液検査項目と、その数値及び単位の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
血漿総たんぱく質値 ------ 4.3 g/L
 2 . 
空腹時血糖値 ----------- 96 g/L
 3 . 
血漿の浸透圧 ----------- 284 mOsm/L
 4 . 
動脈血のpH ------------- 7.1
 5 . 
動脈血の酸素飽和度 ----- 48%
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
2

正解は 3 です。

1.血漿総たんぱく質値は6.5~8.0g/dlが基準値です。
また、問題の単位がg/lとなっています。
血漿総たんぱく質値は「g/dl」の単位で表されます。

2.空腹時血糖値は70~109mg/dlが基準値です。
また、問題の単位がg/lとなっています。
空腹時血糖値は「mg/dl」の単位で表されます。

3.血漿の浸透圧は275~295mOsm/Lが基準値です。

4.動脈血のpHは(7.4±0.05)が基準値です。

5.動脈血の酸素飽和度は95%以上が基準値です。

2015/06/20 15:25
ID : qbdskssuxd
付箋メモを残すことが出来ます。
2

1.血漿総たんぱく質値の正常値は、6.5~8.0g/dLです。

2.空腹時血糖値の正常値は、60~110mg/dLです。

3.血漿の浸透圧の正常値は、280~290mOsm/Lです。
よって、正しい答えとなります。

4.動脈血のpHの正常値は、7.4±0.05です。

5.動脈血の酸素飽和度の正常値は、97%以上です。

2016/09/19 20:01
ID : hvhomzxu
1

正解は 3 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/疾患診断の概要からの出題です。

1:血漿総たんぱく質値は6.5~8.0g/dlが基準値です。

2:空腹時血糖値は70~109㎎/dlが基準値です。

3:血漿の浸透圧は275~295mOms/Lが基準値です。

4:動脈血のpHは7.35~7.45に調節されています。

5:動脈血の酸素飽和度はヘモグロビンの何%が酸素と結合しているかを示していて、95%以上が正常値です。

2016/04/03 17:57
ID : oovsedpp
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。