管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15443問 出題

問題

自己免疫疾患に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する。
 2 . 
全身性エリテマトーデスは、日光浴で寛解する。
 3 . 
橋本病では、皮膚が湿潤になる。
 4 . 
強皮症では、食道蠕動が低下する。
 5 . 
関節リウマチは、成人になると治癒する。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
正解は 4 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/免疫、アレルギーからの出題です。

1:シェーグレン症候群は涙腺、唾液腺に起こる臓器特異的自己免疫疾患ですので、唾液分泌が低下します。

2:全身性エリテマトーデスでは、日光過敏症を伴うことが多くあります。

3:橋本病では甲状腺機能低下によって皮膚の乾燥がみられます。

4:記載の通りです。皮膚や内臓が硬くなることで食道の下部が硬くなり蠕動が低下します。

5:関節リウマチは成人に発症することが多い疾患です。
評価後のアイコン
2016/04/08 20:53
ID : oovsedpp
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は 4 です。

強皮症は皮膚や内臓が硬化します。
食道蠕動が低下し、逆流性食道炎を起こします。

1.シェーグレン症候群では、涙腺や唾液腺の分泌が低下します。

2.全身性エリテマトーデスは、強い日光で症状が悪化することがあります。

3.橋本病では、甲状線機能低下により皮膚が乾燥します。

5.関節リウマチは、20~50歳の女性に多く発症します。
評価後のアイコン
2015/06/24 17:44
ID : qbdskssuxd
評価する
0
評価しない
1.シェーグレン症候群とは、乾燥性角結膜炎や慢性唾液腺炎を引き起こす疾患なので、唾液分泌は低下します。

2.全身性エリテマトーデスは、全身に及ぶ炎症疾患で、主に皮疹がみられます。日光浴や紫外線を浴びることで、症状は悪化すると考えられています。

3.橋本病では、皮膚は乾燥するようになります。

4.強皮症では、食道の粘膜下層や平滑筋層に繊維化がみられるようになり、蠕動運動は低下するので嚥下障害が起こります。
よって、正しい答えとなります。

5.関節リウマチは、成人になっても治癒しません。
評価後のアイコン
2016/09/22 10:05
ID : hvhomzxu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。