過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 社会・環境と健康  過去問題 | 無料の試験問題

問題

「疫学研究に関する倫理指針(厚生労働省・文部科学省、平成20年改正)」についての記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
研究計画の学問的合理性は、指針の対象ではない。
 2 . 
すべての研究において、インフォームド・コンセントを必要とする。
 3 . 
本倫理指針は、「個人情報の保護に関する法律」の条文に示されている。
 4 . 
研究対象者が当該研究の実施に同意した場合であっても、随時これを撤回できる。
 5 . 
国民健康・栄養調査は、この指針に従って実施される。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 4 です。

社会・環境と健康/健康状態・疾病の測定と評価からの出題です。

1.研究計画の学問的合理性は、指針の対象となっています。

2.インフォームド・コンセントとは、研究対象者が研究に対する同意することを指しますが、人体から採取した試料を用いない場合の研究などでは必ずしもインフォームド・コンセントを必要としないこともあります。

3.この指針は、「個人情報の保護に関する法律」とは直接関係していません。

4.記載の通りです。

5.国民健康・栄養調査の実施は、健康増進法の取り決めによってなされています。

2016/05/02 08:32
ID : oovsedpp
0

1.× 疫学研究の科学的合理性及び倫理的妥当性の確保が示されています。

2.× インフォームドコンセントは原則であるが、必ずしもとはされていません。

3.× 「個人情報の保護に関する法律」の条文には示されていません。

4.○ その通りです。

5.× 国民健康・栄養調査は、健康増進法によって実施されています。

よって正解は4です。

2015/08/25 15:02
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。