過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち  過去問題 | 無料の試験問題

問題

体脂肪量を増加させるホルモン・サイトカインである。正しいのはどれか。

 1 . 
アディポネクチン
 2 . 
カテコールアミン
 3 . 
トリヨードチロニン(T3)
 4 . 
レプチン
 5 . 
インスリン
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 5 です。

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち/栄養障害と代謝疾患からの出題です。

1.アディポネクチンは動脈硬化抑制やインスリン抵抗性の改善作用のあるホルモンです。

2.カテコールアミンは、アドレナリンやノルアドレナリンのようにエネルギー代謝を亢進させて脂肪酸分解に働くホルモンです。

3.トリヨードチロシンは甲状腺ホルモンの一種で、代謝を促進します。

4.レプチンは脂肪細胞から分泌されるたんぱくで、脂肪酸減少に働きます。

5.インスリンはグルコースの取り込み、グリコーゲン合成、脂肪合成を促進し、体脂肪量を増加させます。

2016/05/10 09:05
ID : oovsedpp
0

1.× アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される生理活性物質(サイトカイン)です。他のホルモンに比べ血液中に多く存在します。
善玉ホルモンの一種で体脂肪の燃焼に関与しています。
内臓脂肪の増加により分泌が減るといわれています。

2.× カテコールアミンは脳、副腎髄質、交感神経に存在するホルモンで生体内ではドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンといわれる物質です。
神経伝達物質、ストレス反応に重要な役割を果たしています。脂肪を分解する為、体脂肪の減少に関与しています。

3.× トリヨードチロニン(T3)は甲状腺ホルモンの一種で糖、蛋白、脂質の代謝を促進します。

4.× レプチンは脂肪細胞が分泌するホルモンで脳に作用し、摂食の抑制を行います。
また、交感神経を活性化させ脂肪を燃焼し、肥満を抑制する働きがあります。

5.○ インスリンは筋肉、脂肪組織において、細胞内へのグルコースの取り込みを促進し、グリコーゲンや中性脂肪を貯蔵します。また脂肪組織や肝臓で中性脂肪の分解を抑制します。よって体脂肪量の増加に関与しています。

よって正解は5です。




2015/12/09 13:22
ID : rwxunyjf
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。