過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 基礎栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

水・電解質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。

 1 . 
不感蒸泄では、電解質の喪失はない。
 2 . 
同じ重量の糖質と脂質から生成される代謝水の量は、変わらない。
 3 . 
体内水分量の60~70%は、細胞間液である。
 4 . 
バソプレシンは、尿量を増加させる。
 5 . 
水分欠乏型脱水では、細胞内液量は変わらない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 1 です。

基礎栄養学/水・電解質の栄養的意義からの出題です。

1.正しい記載です。不感蒸泄は発汗とは異なり電解質の喪失を伴いません。

2.代謝水は糖質1gから0.56g、脂質1gから1.07g、たんぱく質1gから0.43g産生されます。

3.細胞間液は体重の約15%程度です。

4.パソプレシンは抗利尿ホルモンです。よって尿量を減少させます。

5.水分欠乏型脱水は大量の発汗などによって起こりやすく、ナトリウムの損失が大きいため細胞内液量は減少します。

2016/06/25 14:55
ID : oovsedpp
1

正解は1.【不感蒸泄では、電解質の喪失はない。】です。

以下、詳細の説明です。

1.〇
不感蒸泄は発汗の水分ではなく、皮膚の表面または呼気で失われる水分です。
発汗は水分だけでなくナトリウムイオンの損失を伴うため、電解質の喪失があります。

2.×
代謝水とは、体内でエネルギー源として栄養素が酸化分解されるときに生じる水を指します。
脂肪、炭水化物、たんぱく質が酸化分解されるときは、それぞれ1g当たり1.07ml、0.56ml、0.41mlの代謝水が生じます。
よって、同じ重量の糖質と脂質から生成される代謝水の量は変わります。

3.×
人の体内水分量は体重の約60%であり、その2/3が細胞内液、1/3が細胞外液です。
よって、体内水分量の60~70%は細胞内液です。

4.×
バソプレシンは脳下垂体後葉から分泌される抗利尿ホルモンで、腎遠位尿細管での水の再吸収を促進します。
よって、分泌されると尿量を低下させます。

5.×
水分欠乏型脱水(高張性脱水)では血液中の水分が欠乏し、血液中の塩分濃度が高くなります。
よって、水分が細胞内から細胞外へ移動するため、細胞内液量は減少します。

2016/07/31 09:55
ID : hyqgtumzsd
-1

正解は、1です。

1:〇
 不感蒸泄では体表や肺から水が 「蒸発」 するだけで、発汗は含まれていません。そのため、電解質は含まれません。

2:同じ重量の糖質と脂質から生成される代謝水の量は、変わらない。

3:体内水分量の60~70%は、細胞内液です。

4:バソプレシンは、抗利尿ホルモンのため尿量を低下させます。

5:水分欠乏型脱水では、細胞内液量は減少します。

2015/08/10 16:25
ID : nbfwghucx
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。