管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15828問 出題

問題

疾患に関連する病態・症候・検査についての記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
クスマウル大呼吸は、胆石発作でみられる。
 2 . 
黄疸は、溶血性貧血でみられる。
 3 . 
1秒率の増加は、慢性閉塞性肺疾患でみられる。
 4 . 
下血は、過敏性腸症候群でみられる。
 5 . 
頻脈は、甲状腺機能低下症でみられる。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1.× クスマウル大呼吸は、代謝性アシドーシスでみられます。
 クスマウル大呼吸(深くて大きい呼吸)がみられるのは糖尿病ケトアシドーシス(ケトン体の合成亢進)です。
 糖尿病ケトアシドーシスは、代謝性アシドーシスを示す要因です。

2.○
 溶血性貧血は、溶血によってヘモグロビン分解が亢進することによってビリルビンが増加し、溶血性黄疸を生じます。
 間接型ビリルビン値が上昇します。

3.× 1秒率の低下は、慢性閉塞性肺疾患でみられます。
 1秒量(努力肺活量のうち呼出を開始してから最初の1秒間に呼出される空気量)の努力肺活量に対する%を1秒率といいます。
 1秒率は起動に狭窄があると呼息がしにくくなるため減少します。
 慢性閉塞性肺疾患は主に喫煙によって起こる不可逆性の気流閉塞(炭酸ガスの呼出障害)を伴う病態です。

4.× 下痢は、過敏性腸症候群でみられます。
 過敏性腸症候群は、器質的病変はみられず、腹痛を伴う便秘・下痢の交代性の便通異常がみられます。
 下血がみられるのは十二指腸潰瘍などです。

5.× 頻脈は、甲状腺機能亢進症でみられます。
 甲状腺機能低下症(橋本病やクレチン病)では徐脈がみられます。
 甲状腺機能亢進症の主な疾患はバセドウ病です。
評価後のアイコン
2017/09/29 10:08
ID : hgqfmyyrk
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.クスマウル大呼吸は、代謝性アシドーシスでみられます。

2.溶血性貧血では、大量のヘモグロビンが代謝されてビリルビンが過剰となり、黄疸を生じます。この場合、間接ビリルビン値が高くなります。
よって、正しい答えとなります。

3.1秒率の低下は、慢性閉塞性肺疾患でみられます。

4.下痢は、過敏性腸症候群でみられます。過敏性腸症候群は、腸管の運動や分泌の機能異常で起こり、炎症や出血などの明らかな病変は認められません。

5.頻脈は、甲状腺機能亢進症でみられ、甲状腺機能低下症では、除脈がみられます。
評価後のアイコン
2016/09/02 18:51
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.クスマウルの大呼吸は、糖尿病や尿毒症時にみられます。

3.慢性閉塞性肺疾患では、1秒率は低下します。

4.過敏性腸症候群では、下血はみられません。

5.頻脈は、甲状腺機能亢進症えみられます。
評価後のアイコン
2015/07/07 16:31
ID : eeckczncj
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。