管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

管理栄養士の過去問 第15940問 出題

問題

敗血症による全身性炎症反応症候群(SIRS)の所見についての記述である。正しいのはどれか。
 1 . 
血液の細菌培養陰性
 2 . 
末梢血管抵抗の上昇
 3 . 
多尿
 4 . 
末梢循環不全
 5 . 
C反応性たんぱく質(CRP)陰性
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この管理栄養士 過去問の解説(3件)

評価する
1
評価しない
・全身性炎症性反応症候群(SIRS)…侵襲に対応して、免疫細胞が血中に放出した大量の炎症性サイトカインによる全身性の急性炎症反応。
・敗血症…細菌感染によってSIRSが引き起こされている状態。

1.血液の細菌培養…以前は陽性としていたが、現在は、SIRSの原因として細菌感染があればよいので血液の細菌培養陽性は必須項目ではない。よって誤。

2.サイトカインの作用で末梢血管は拡張するので、末梢血管抵抗は低下する。よって誤。

3.腎臓への血流量が減少し、糸球体濾過量が減少すると、尿量が減少する。よって誤。

4.末梢血管の拡張と透過性の亢進によって血圧低下が起きると、心拍出量が増える。その後心拍出量は徐々に低下し、血圧が低下し循環不全に陥る。よって正。

5.C反応性タンパク質は急性たんぱくともいい、感染症、慢性呼吸不全、炎症性腸疾患、手術による侵襲、膠原病などで高値を示すので誤。

よって正解は、4.となる。
評価後のアイコン
2016/04/11 18:54
ID : ftvfcgqaq
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
全身性炎症反応症候群(SIRS)は全身性の急性炎症反応です。
細菌への感染や、出血、手術などの侵襲により炎症性サイトカインが大量に分泌され、起こります。

1.血液の細菌培養は陽性になると考えられます。

2.炎症性サイトカインにより、末梢血管が拡張するため、末梢血管抵抗は低下します。

3.腎臓への血流量が低下するため、敗血症では乏尿となります。

5.C反応性たんぱく質(CRP)は炎症が起こると陽性となります。
評価後のアイコン
2015/08/31 00:53
ID : ydyrzajgk
評価する
-1
評価しない
正解は 4 です。

臨床栄養学/疾患・病態別栄養ケア・マネジメントからの出題です。

1.生体内のいずれかの感染症から菌が血液に入っている状態なので、陽性となるはずです。

2.血管平滑筋が拡張するので、末梢血管抵抗は低下します。

3.循環血液量が減少し、尿量は減少します。

4.正解です。感染症によるショックで循環不全となります。

5.CPRは炎症の指標であるため、陽性となります。
評価後のアイコン
2016/11/19 20:24
ID : oovsedpp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。