過去問.com

第24回 管理栄養士国家試験 応用力問題  過去問題 | 無料の試験問題

問題

A町では住民が脳卒中に罹患し、その後遺症により介護保険の利用者が多くなり財政負担が増大している。そこで脳卒中を減らすため、その危険因子の1つである高血圧症を減らす対策を検討することとなった。対象者全体の血圧を10mmHg低下させることにより、介護給付費を5億円減らせるとの予測が立てられた。

A町における介護保険給付費の負担比率の関係を示している。正しいのはどれか。

 1 . 
A町  >  国
 2 . 
A町が属する都道府県  =  国
 3 . 
A町が属する都道府県  >  第一号被保険者
 4 . 
第二号被保険者  >  A町
 5 . 
第一号被保険者  >  第二号被保険者
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
-1

介護保険料の費用負担は、総給付費の50%は公費負担、残りの50%は被保険者負担となります。
公費負担の内訳として国の負担が25%、都道府県の負担が12.5%、市町村の負担が12.5%となります。

したがって選択肢4の第二号被保険者>A町が正答となります。

2015/08/03 19:14
ID : wgycdsowg
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。