過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40829問」を出題

問題

代謝と酵素反応に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
グルコースは、代謝されると尿素になる。
 2 . 
脂肪酸は、代謝されるとアンモニアになる。
 3 . 
酵素反応の速度は、至適pHで最大となる。
 4 . 
トリプシンの至適pHは、酸性領域にある。
 5 . 
ペプシンの至適pHは、アルカリ性領域にある。
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(×)グルコースはTCA回路で代謝されるので、尿素にはなりません。尿素になるのはアンモニアです。

2(×)脂肪酸ではなく、たんぱく質です。

3(○)酵素はたんぱく質からできています。そのため、最適pHがあり、それを至適pHといいます。

4(×)トリプシンは膵液からでる酵素なので、アルカリ性です。

5(×)ペプシンの至適PHは酸性です。
評価後のアイコン
2019/08/30 20:00
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
アンモニアは代謝されると尿素になります。

2.✕
アミノ酸は、代謝されるとアンモニアとなります。

3.〇
酵素はたんぱく質であるため、反応が一番起きやすいpHや温度があります。それを至適pHまたは至適温度といい、一番よく反応を示すところなので、最大となります。

4.✕
トリプシンの至適pHは、アルカリ性領域にあります。

5.✕
ペプシンの至適pHは、酸性領域にあります。
評価後のアイコン
2019/08/08 20:00
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× グルコースはTCAサイクルを回りながら、CO2、H2Oまで酸化されます。
  尿素はたんぱく質、アミノ酸の代謝過程で生成されます。

2.× 脂肪酸ではなく、たんぱく質の説明です。

3.○ 酵素は主にたんぱく質でできているため、熱変性もします。

4.× トリプシンは膵液に含まれる消化酵素で、PH8付近のアルカリ領域です。

5.× PH2付近の酸性領域です。
評価後のアイコン
2019/07/13 08:51
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。