過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士の過去問「第40849問」を出題

問題

免疫グロブリンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
 1 . 
1本のH鎖と1本のL鎖から構成される。
 2 . 
液性免疫を担当する。
 3 . 
血中に最も多く存在するのは、IgEである。
 4 . 
母乳中に最も多く存在するのは、IgMである。
 5 . 
IgAは、胎盤を通過する。
( 第33回 管理栄養士国家試験 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち )

この過去問の解説(3件)

評価する
0
評価しない
1(×)免疫グロブリンは、2本のH鎖と2本のL鎖で構成されているY字型のたんぱく質です。

2(○)液性免疫は別名「体液性免疫」ともいわれます。抗体や補体を中心とした免疫系で、抗体が血清中に溶けて存在します。

3(×)血清中では、IgG(70~75%)が多く含まれています。続いてIgA(15~20%)、IgM(10%)となっています。しかし、体全体では、IgAの産出が最も多いです。

4(×)母乳中にはIgAが最も多く含まれています。特に初乳に多いです。

5(×)胎盤を通過できるのは唯一IgGだけです。
評価後のアイコン
2019/08/19 20:14
ID : quempnngb
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.✕
H鎖とL鎖はそれぞれ2本ずつから構成されています。

2.〇
B細胞から分化した形質細胞から作られる抗体によって、抗原を攻撃する役割をもっています。

3.✕
血中に最も多く含まれているのは、IgGです。

4.✕
母乳中に最も多く含まれているのは、IgAです。

5.✕
胎盤を通過するのは、IgGです。
評価後のアイコン
2019/08/12 18:37
ID : hvhomzxu
評価する
0
評価しない
1.× 二本のH鎖と二本のL鎖から構成されています。

2.○ 抗原に対して血液中の抗体が反応する免疫です。

3.× 血中に最も多く存在するのは、lgGです。

4.× 母乳中に最も多く存在するのは、lgAです。
  粘膜における感染防御の作用があります。

5.× lgGは、胎盤を通過します。
  抗菌性や抗ウイルス性の抗体の多くがIgGです。
評価後のアイコン
2019/07/20 16:36
ID : qkmzjpzexp
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。