病院直営の管理栄養士と委託会社の管理栄養士の違い | 管理栄養士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

病院直営の管理栄養士と委託会社の管理栄養士の違い

管理栄養士の働く場所は病院や施設が多いですが、病院の給食業務は委託している場合が多いので、その場合は「病院の管理栄養士」と「委託会社の管理栄養士」が一緒に働いていることがあります。

病院の管理栄養士の業務

病院直営の管理栄養士は病院の業務を行います。
栄養指導や栄養マネージメント等のデスク仕事や、患者と関わる仕事が主となります。

給食委託会社の管理栄養士の業務

委託会社の管理栄養士は給食業務が主ですが、
病院によっては管理栄養士を雇っておらず、委託会社の管理栄養士を借りる形態での業務契約があります。
その場合は、病院業務を委託会社の管理栄養士が行います。

  • 病院に雇用される管理栄養士の方が、委託会社に雇用される管理栄養士より職場環境(待遇や給与、社会保障等)が恵まれていることが多いように感じます。

献立や発注作業は患者の毎日の食事に関わることなので、遅れや不足があってはなりません。
献立作成が出来てから発注作業をするので、残業になることもあります。
また同じ管理栄養士ですが、委託会社の管理栄養士は、病院の管理栄養士の指示に従わないといけないので、立場的に良くない場合があります。

この授業に関連した授業
管理栄養士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。