管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

障害者総合支援法のポイント

平成25年4月1日施行された法律です。もともとあった「障害者自立支援法」が「障害者総合支援法」になり、障害者の正義や難病が追加されました。時代に合わせて、対象者や対象疾患、さらにサービスを一元化するなど変更されています。

ポイント1つ目は「共生社会」

「障害者自立支援法」では、「法に基づく日常生活・社会生活を営むことができるように必要
な支援を行うこと」となっていました。

「障害者総合支援法」では、「法に基づく日常生活・社会生活の支援が、共生社会を実現するため、
社会参加の機会の確保及び地域社会における共生、社会的障壁の除去に資するよう」と変更になっています。

大きな違いは、

「共生社会の実現」

ということです。

障害者が日常を不便なく送るだけではなく、健常者と共に同じ社会で生きる事を目的にしています。

p15956981487570255395.jpg

ポイント2つ目は「個人としての尊厳」

「障害者自立支援法」では、「自立」が目的となっていました。
平成23年7月に成立した「改正障害者基本法」で、目的や基本原則として盛り込まれた内容を踏まえて、
「障害者総合支援法」では、

「基本的人権を享有する個人としての尊厳」

が目的として追加になっています。

ただ「自立」するのではなく、健常者と変わらない「尊厳」が目的になりました。

市町村が行う事業

都道府県が行う事業

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。