過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級管工事施工管理技士「4」の過去問を出題

問題

総合的な施工計画を立てる際に行うべき業務として、適当でないものはどれか。
   1 .
設計図書にくい違いがある場合は、現場代理人が判断し、その結果の記録を残す。
   2 .
材料及び機器について、メーカーリストを作成し、発注、納期、製品検査の日程などを計画する。
   3 .
設計図書により、工事内容を把握し、諸官庁へ提出が必要な書類を確認する。
   4 .
敷地の状況、近隣関係、道路関係を調査し、設計図書で示されない概況を把握する。
( 2級 管工事施工管理技術検定試験 平成29年度(2017年) 4 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級管工事施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。