過去問.com

ケアマネジャー試験 平成24年度(第15回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

要介護認定の仕組みについて正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
判定は、市町村が定める客観的基準に基づき行われる。
 2 . 
被保険者が住所を移転した場合には、14日以内に判定をし直す。
 3 . 
職権による要介護状態区分の変更認定に必要な主治医意見書のための診断命令に被保険者が正当な理由なく従わないときは、認定を取り消すことができる。
 4 . 
介護保険審査会は、市町村に設置される。
 5 . 
介護認定審査会は、市町村に設置される。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
26

正解は3,5です。
1⇒要介護認定は、客観的で公平な判定を行うため、コンピュータによる一次判定(認定調査)と、それを原案として保健・医療・福祉の学識経験者複数名が行う二次判定の二段階で行います。
2⇒転居時は、転居前の居住地で発行された介護認定に関わる証明書を提出の上で14日以内に手続きを行えば、以前の認定をそのまま適用してもらうことができます。
4⇒介護保険審査会は、都道府県知事の附属機関です。

2014/09/02 14:45
ID : bqzuosqqxo
13

1:要介護認定は「厚生労働省」が定めた基準に沿って行なわれます。

2:住所が変わった場合には14日以内に市町村に届け出る必要がありますが、判定のし直しは必要ありません。

4:介護保険審査会は「都道府県」に設置されています。

2015/05/28 23:10
ID : anaohrzq
8

1:判定の基準は全国一律のものとなっている。

2:住所移転時は審査・判定は行われず、前の市町村での審査・判定結果に基づいて認定を受けることができる。

4:介護保険審査会は都道府県に設置されている。

2014/08/07 14:38
ID : ofaxjgyssu
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。