過去問.com

ケアマネジャー試験 平成23年度(第14回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

指定居宅介護支援事業所の管理者について正しいものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
2005年の改正により、主任介護支援専門員でなければならないこととされた。
 2 . 
介護支援専門員の職務に従事することはできない。
 3 . 
当該事業所の営業時間中は、常駐しなければならない。
 4 . 
指定居宅介護支援事業者が配置する。
 5 . 
常勤でなければならない。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
26

1:正しくない
指定居宅介護支援事業所の管理者は介護支援専門員でなくてはならないが、主任介護支援専門員である必要はない。
主任介護支援専門員を配置する義務があるのは「地域包括支援センター」である。
2:正しくない
兼務は可能である。
3:正しくない
管理者は常勤でなければならないが、常駐していなければならないわけではない。
4:正しい
設問の通り。
5:正しい
設問の通り。

2014/08/08 18:36
ID : vyzxvrru
9

1:主任である必要はなく、介護支援専門員の資格を持っていればなることが可能です。

2:管理する事業所の介護支援専門員の仕事を行なうことは可能です。

3:営業している時間中に、常に利用者からの連絡に対応できるようにしておけば、常駐している必要はありません。

2015/06/09 06:51
ID : anaohrzq
5

正解は4、5
1.介護支援専門員が管理者である。主任介護支援専門員である必要はない。
2.管理者と介護支援専門員の兼任が可能である。
3.常駐する必要は無い。常勤であることが必須である。

2014/10/12 21:54
ID : cwdnjefcd
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。