介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14035問 出題

問題

療養通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
利用者に対する指定療養通所介護の提供の適否は、主治医を含めたサービス担当者会議において検討することが重要である。
 2 . 
指定療養通所介護事業所の利用定員は、原則として、15名以下である。
 3 . 
療養通所介護計画は、既に作成された居宅サービス計画の内容にかかわらず、事業所の判断で作成してよい。
 4 . 
指定療養通所介護事業者は、緊急時の対応策をあらかじめ定めておく必要があるが、緊急時対応医療機関を定めておく必要はない。
 5 . 
指定療養通所介護事業者は、安全・サービス提供管理委員会を開催し、安全かつ適切なサービス提供の方策について検討結果を記録しなければならない。

このケアマネ 過去問の解説(2件)

評価する
22
評価しない
2:利用定員は9人以下

3:療養通所介護計画は居宅サービス計画の内容に沿うとともに、訪問看護計画の内容とも整合性を図る

4:利用者の急変時に備えて、同一の敷地内か近くの場所に緊急時対応医療機関を定めておく。
評価後のアイコン
2014/09/01 15:26
ID : ofaxjgyssu
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1.設問の通りです。

2.指定療養通所介護事業所の利用定員は8人以下になります。

3.すでに居宅サービス計画が作成されているケースでは、その内容に沿って療養通所介護計画を作成する必要があります。

4.利用者の急変に対して迅速に対応する為に、緊急時対応医療機関は決めておくことが義務付けられています。

5.設問の通りです。
評価後のアイコン
2016/05/11 02:13
ID : anaohrzq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。