過去問.com

ケアマネジャー試験 平成22年度(第13回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険の利用者負担に係る低所得者対策について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
高額介護サービス費は、所得段階別に負担上限額の設定があり、低所得者の負担軽減を図る。
 2 . 
市町村民税本人非課税者は、特定入所者介護サービス費の支給対象とならない。
 3 . 
短期入所療養介護は、特定入所者介護サービス費の対象となる。
 4 . 
社会福祉法人等による利用者負担軽減制度の軽減対象は、介護費の1割分の利用者負担並びに食費、居住費(滞在費)及び宿泊費である。
 5 . 
社会福祉法人等による利用者負担軽減制度の対象となるサービスには、訪問看護も含まれる。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
26

2 市町村民税本人非課税者、生活保護受給者は特定入所者介護サービス費の支給対象となります。

5 社会福祉法人等による利用者負担軽減制度の対象サービスは、
訪問介護、通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、短期入所生活介護(ここまで介護予防型を含む)、夜間対応型訪問介護、地域密着型介護老人福祉施設、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、複合型サービス、介護老人福祉施設があります。
訪問看護は含まれていません。

2015/02/25 03:41
ID : ysaqtrmkds
14

2:市町村民税本人非課税者は、特定入所者介護サービス費の支給対象となる。

5:社会福祉法人等による利用者負担軽減制度の対象となるサービスは、訪問介護、通所介護、短期入所生活介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、複合型サービス、介護福祉施設サービス

2014/09/08 12:15
ID : ofaxjgyssu
8

1.設問の通りです。生活保護被保護者、市町村民税非課税などの区分があります。

2.支給対象です。非課税世帯の要介護者が老人保健施設や老人福祉施設などの介護保険施設の入所サービス、短期入所サービスなどを利用した際には、食費や居住費に対して負担軽減が行なわれます。

3.設問の通りです。

4.設問の通りです。

5.対象サービスは福祉系のサービスのみになります。訪問看護は医療系のサービスになる為、対象にはなりません。

2016/05/13 15:33
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。