過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険制度以前の高齢者保健福祉サービスについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
特別養護老人ホームの入所に係る利用者負担(費用徴収)は、所得に応じたものとなっていた。
 2 . 
老人福祉サービスの措置による利用は、「反射的利益」に過ぎないと解されていた。
 3 . 
特別養護老人ホームの利用者負担(費用徴収)が中高所得者層にとって病院よりも重かったことも、社会的入院の一因になっていた。
 4 . 
特別養護老人ホームの整備が進んだ結果、医療ニーズの高い高齢者が特別養護老人ホームに措置されてしまった。
 5 . 
特別養護老人ホームへの入所は措置であったため、著しい高所得者は入所資格がなかった。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
18

1:○
設問の通り

2:○
設問の通り

3:○
設問の通り

4:×
医療ニーズの低い高齢者も病院に入院するケースが多かった。

5:×
所得によって利用者負担がかわっていたが、高所得者でも入所することはできた。

2014/09/01 09:48
ID : vyzxvrru
12

4 特別養護老人ホームの整備が進んでおらず、医療ニーズの低い高齢者が入院するケースが多数ありました。

5 特別養護老人ホームへの入所に係る利用者負担は所得に応じたもので、高額所得者であっても入所資格はありました。

2015/05/24 21:39
ID : ysaqtrmkds
9

4:医学的な処置が必要なく、自宅での生活が難しい高齢者が措置されるようになっていました。

5:高所得の場合には自己負担金が大きくなりますが、入所資格がないという事はありませんでした。

2015/05/12 10:28
ID : anaohrzq
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。