過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の記述のうち正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
平成19年国民生活基礎調査によれば65歳以上の者のいる世帯では、単独世帯と夫婦のみの世帯の合計が半数以上を占める。
 2 . 
離れて暮らす高齢者の呼びかけにより、子供との同居率は近年少しずつ増加傾向に転じている。
 3 . 
家族が介護の携わる事によって失う機会費用は社会全体で相当な額に上る。
 4 . 
介護保険事業報告によれば、要支援・要介護認定者数は、平成16年度以降400万人を超えている。
 5 . 
介護保険事業状況報告によれば、居宅サービス利用者は、未だ100人台にとどまっている。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
8

2:現在の日本は核家族化がすすんでおり、改善していない。むしろ高齢者夫婦のみの家庭や高齢者が単身で生活している家庭が増えてきている。

5:高齢者のみの家庭が増えたことで居宅サービスの需要は大きくなり、利用者は100万人をはるかに超えるようになっています。

2015/05/12 10:33
ID : anaohrzq
7

1:○
設問の通り

2:×
同居率は低下している。

3:○
設問の通り

4:○
設問の通り

5:×
居宅サービス利用者は100万人をゆうに超えている。

2014/09/01 10:03
ID : vyzxvrru
6

2 高齢者とその子どもの同居率は低下してきています。

5 介護保険事業状況報告によると、居宅サービス利用者は200万人を超えています。

2015/05/24 21:41
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。