過去問.com

ケアマネジャー試験 平成21年度(第12回) 介護支援分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護保険制度の創設に関する平成8年の老人保健福祉審議会報告の内容について正しいものはどれか。3つ選べ。

 1 . 
必要な場合には、行政による措置を行う事が重要とされた。
 2 . 
サービス利用者全員に居宅介護支援を義務づけることが適当とされた。
 3 . 
ケアプラン作成の一連の手順は、要介護認定と連動して行うなどにより迅速かつ効率的な仕組みとすることが重要とされた。
 4 . 
ケアプラン作成は、介護保険制度の枠内で行うものであるから、近隣の協力など保険給付の対象とならないサポートは盛り込まないことが適当とされた。
 5 . 
施設入所者については、退所計画を作成する事が適当とされた。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

2:居宅介護支援はケアマネがケアプランを作成し、プランに基づいたサービスが提供されるように調整するサービスです。義務とはなっておらず、利用者本人や家族が自分で行っても問題ありません。

4:平成8年の報告では、ケアプランには近隣の協力など介護保険給付の対象とならない事についても記入する事が適当と報告されています。

2015/05/12 10:49
ID : anaohrzq
9

1:○
設問の通り

2:×
そのような記述は無い

3:○
設問の通り

4:×
ケアプランの作成は介護保険給付内に限らず、地域・近隣の協力やボランティアも視野にいれて作成されることが望ましいとされている。

5:○

※五訂 第一巻
介護保険制度と介護支援 P21参照

2014/09/01 10:44
ID : vyzxvrru
5

2 平成8年の老人保健福祉審議会報告の内容で、サービス利用者全員に居宅介護支援を義務付けることを適当としたことはありません。

4 平成8年の報告では、近隣の協力などの保険給付の対象とならないサポートもケアプラン作成に盛り込むことが適当とされています。

2015/05/24 21:54
ID : ysaqtrmkds
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。