介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14123問 出題

問題

指定居宅介護支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。
 1 . 
指定の取り消しを受けた場合は、法に定める期間の経過後でないと再度指定を受けられない。
 2 . 
利用申込者が要介護認定を受けていないことを確認した場合は、要介護認定の申請の代行を行わなければならない。
 3 . 
利用者が他の介護支援事業者の利用を希望する場合は、当該事業者に対し、「居宅介護支援経過」のみを交付すればよい。
 4 . 
利用者が訪問看護の利用を希望している場合は、主治の医師、歯科医師又は薬剤師の意見を求めるよう、介護支援専門員に指示しなければならない。
 5 . 
利用申込者が他の指定居宅介護支援事業者にも併せて指定居宅介護支援を依頼していることが明らかな場合は、居宅介護支援の提供を拒むことができる。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
23
評価しない
2 利用申込者の意思を踏まえて速やかに要介護認定の申請が行われるように、必要な援助をしなくてはなりません。

3 利用者が他の介護支援事業所の利用を希望する場合は、当該利用者に対して「直近の居宅サービス計画及びその実施状況に関する書類」を交付します。

4 利用者が訪問介護の利用を希望している場合には、介護支援専門員が、主治の医師、歯科医師の意見を求めなければなりません。
評価後のアイコン
2015/03/15 18:23
ID : ysaqtrmkds
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
2:指定居宅介護支援事業者は利用者に申し込みの意思がある場合に速やかに要介護認定の申請が行われるように必要な援助を行います。

3:支援経過だけでなく、直近の居宅サービス計画およびその実施状況に関する書類を交付する事が必要です。

4:利用者が訪問看護の利用を希望している場合には、介護支援専門員は主治医や歯科医師の意見を求める事が必要です。指示を出す必要はありません。
評価後のアイコン
2015/05/12 15:28
ID : anaohrzq
評価する
13
評価しない
1:〇
設問の通り

2:×
利用申込者の意思を確認した上で要介護認定の申請援助を行う。

3:×
設問のような場合は、「直近の居宅サービス計画及びその実施状況に関する書類」を交付する。

4:×
利用者が訪問看護の利用を希望している場合は、介護支援専門員が、主治の医師、歯科医師の意見を求める。

5:〇
設問の通り
評価後のアイコン
2014/09/07 20:32
ID : vyzxvrru
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。