介護支援専門員試験 (ケアマネジャー試験)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

ケアマネの過去問 第14142問 出題

問題

次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
廃用症候群には、精神的機能の低下は含まれない。
 2 . 
褥瘡の好発部位は、仙骨部、大転子部、坐骨結節である。
 3 . 
経管栄養を行っている高齢者では、便の形状や量が変化するため、その状態により経管栄養剤の変更を検討する。
 4 . 
口腔ケアにより、唾液の分泌や味覚の回復が促されるが、咳反射は低下する。
 5 . 
高齢者の場合、低栄養状態や甲状腺疾患などで低体温になることがある。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

このケアマネ 過去問の解説(3件)

評価する
13
評価しない
1.廃用症候群とは、特に寝たきり状態によって起こる心身の機能低下のことである。主な症状としては、筋萎縮や間接拘縮、褥瘡、骨粗鬆症、精神的合併症である。精神的機能の低下は廃用症候群の症状に含まれる。

2.褥瘡の好発部位は、仙骨部、大転子部、坐骨結節の他に肩甲骨部、踵部等の骨の隆起部位である。

3.経管栄養は、経口摂取が出来ない・経口摂取が著しく困難な患者が実施する栄養方法である。経管栄養では、便秘や下痢等の消化器症状の有無に注意しながら行う。

4.口腔ケアによって唾液の分泌や味覚の回復が促されるが、咳反射は気管支等の器官なので咳反射の低下とは関係がない。

5.高齢者の低体温(34℃以下)の原因としては、栄養失調や中枢性の疾患、甲状腺機能低下症等があげられる。
評価後のアイコン
2014/08/28 00:45
ID : jkeqhweavf
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
1 廃用症候群とは、安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指します。精神的機能の低下は廃用症候群の症状に含まれます。

4 口腔ケアによって唾液の分泌や味覚の回復が促されるのとともに、咳反射も改善します。

評価後のアイコン
2015/03/25 13:14
ID : ysaqtrmkds
評価する
5
評価しない
1.廃用症候群は身体的な能力の低下だけではありません。精神的機能の低下により、うつ病になったり、認知症が進行することがあります。

2.設問の通りです。骨の突出部にできやすいという特徴があります。

3.設問の通りです。

4.口腔ケアによって咳反射の改善も期待できます。

5.設問の通りです。いずれの場合も代謝が低下する為、体温が下がります。

評価後のアイコン
2016/05/29 20:43
ID : anaohrzq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。