過去問.com

ケアマネジャー試験 平成25年度(第16回) 福祉サービス分野  過去問題 | 無料の試験問題

問題

ソーシャルワークの観点から、援助困難事例への支援に関して、より適切なものはどれか。2つ選べ。

 1 . 
精神疾患で長年不衛生な環境に居住している者について、本人の意向に従い、支援を行うことを控えた。
 2 . 
家族から無視され、虐待されているという高齢者からの訴えがあった。家族は問題視してなかったが、地域包括支援センターに相談した。
 3 . 
保険・医療・福祉の専門家チームがぜひ必要と考えるサービスを家族が拒否したので、居宅介護支援の提供を断念した。
 4 . 
家族間の葛藤には複雑な背景があることもあり、多少の助言では改善されないことも多いので、調整を行うべきではない。
 5 . 
家族介護者に、老年期の疾患や行動についての知識が不足していたため、必要な情報の提供や助言を行った。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
6

正解は2,5です。

1⇒精神疾患があることが判明しているのであれば、本人の意向を尊重しつつも適切な支援が必要となります。

3⇒家族が拒否した理由をよく聞き、サービスの必要性を納得していただくよう説明をすることが必要です。その上で、家族が受け入れ可能な妥協案を探るなどの工夫を行いましょう。

4⇒家族間の問題は確かに解決が困難なことも多いですが、専門的見地からアドバイスできることもあるはずです。押しつけにならないように注意しながらも、調整を行う必要があります。

2014/10/20 19:23
ID : bqzuosqqxo
5

1 精神疾患のために援助を受け入れない場合でも、本人の意向を尊重しながらも必要な支援を行うことが必要となります。

3 ご本人の意思を最も尊重しなくてはなりません。家族にはサービスの必要性、重要性を理解してもらい、適切なサービスの調整を行います。

4 ご本人だけでなく、家族も支援の対象です。複雑な背景がある場合でも、十分に配慮したうえで調整を行います。

2015/04/21 22:32
ID : ysaqtrmkds
4

正解は 2、5 です。

1 本人の意向を尊重しつつ、サービス利用の必要性などを説明し積極的に働きかける必要があります。

3 専門チームが必要と考えたサービスについて、その必要性を十分に説明し、理解してもらえるよう努める必要があります。

4 家族間の問題は多少の助言で改善されないことも多いですが、さらなる問題に発展させないためにも、調整的援助はマネジメントの一環として重要となります。

2015/05/22 16:50
ID : hunwafrb
border line
ケアマネジャー試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。