過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

ケアマネの過去問「第31447問」を出題

問題

訪問看護について正しいものはどれか。3つ選べ。
 1 . 
介護保険の訪問看護費は、看護小規模多機能型居宅介護と併用して算定できる。
 2 . 
看護師は、臨時応急の手当を行うことができる。
 3 . 
訪問看護事業所の開設者は、医療法人及び社会福祉法人に限られる。
 4 . 
急性増悪時に主治医が交付する特別指示書の有効期間、は14日間である。
 5 . 
看護体制強化加算は、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められる。
( ケアマネジャー試験 平成29年度(第20回) 保健医療サービスの知識等(総合) )

この過去問の解説(2件)

評価する
18
評価しない
正解:2、4、5です。

1:看護小規模多機能型居宅介護においては、小規模多機能型居宅介護に必要に応じて訪問看護を提供するサービスとなっています。すでに訪問看護もサービスに組み込まれているため、他の訪問看護費を算定することはできません。

2:設問の通りです。

3:訪問看護事業所の開設には、法人格を取得し、必要な手続きを行う必要があります。法人であれば、株式会社でもNPO法人でも構わないため、医療法人や社会福祉法人に限られたことではありません。

4:設問の通りで、急性増悪時には特別指示書が交付され、月1回14日間に限り有効です。

5:看護体制強化加算の算定に関しては、緊急時訪問看護加算、特別管理加算、ターミナルケア加算の各々について一定の要件を満たした場合に認められます。

厚生労働省が平成27年度の介護報酬改定の際に定めているのは、
①算定日が属する月の前3月において、指定訪問看護事業所における利用者の総数のうち、緊急時訪問看護加算を算定した利用者の占める割合が100分の50以上であること。
②算定日が属する月の前3月において、指定訪問看護事業所における利用者の総数のうち、特別管理加算を算定した利用者の占める割合が100分の30以上であること。
③算定日が属する月の前12月において、指定訪問看護事業所におけるターミナルケア加算を算定した利用者が1名以上であること(介護予防を除く)。
という、以上が算定要件となっています。

しかし、平成30年度の介護報酬改定において、看護体制強化加算は、看護体制強化加算(Ⅰ)と(Ⅱ)になっているため、注意が必要です。
評価後のアイコン
2018/08/16 18:29
ID : xwvwfxho
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は2、4、5です。
1 看護小規模多機能型居宅介護の利用者は当該事業所での訪問看護を利用するので別の事業所からの訪問看護費を算定することができないです。
2 看護師は、臨時応急の手当を行うことができます。
3 限定されてはいません。
4 急性増悪時に主治医が交付する特別指示書の有効期間、は14日間です。
5 看護体制強化加算は緊急時訪問看護加算を算定した利用者の占める割合が100分の50以上、特別管理加算を算定した利用者の占める割合が100分の30以上であり、算定日が属する月の前12ヶ月においてターミナルケア加算を算定した利用者が1名以上である場合に算定出来ます。
評価後のアイコン
2018/06/27 15:41
ID : uqapbdzz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
このケアマネ 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。