過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問「第44221問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄筋の機械式継手に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
ねじ節継手とは、熱間形成されたねじ節鉄筋の端部に鋼管(スリーブ)をかぶせた後、外側から加圧して鉄筋表面の節にスリーブを食い込ませて接合する工法である。
   2 .
充填継手とは、内面に凹凸のついた比較的径の大きい鋼管(スリーブ)に異形鉄筋の端部を挿入した後、スリーブ内に高強度の無収縮モルタル等を充填して接合する工法である。
   3 .
端部ねじ継手とは、端部をねじ加工した異形鉄筋、あるいは加工したねじ部を端部に圧接した異形鉄筋を使用し、雌ねじ加工されたカップラーを用いて接合する工法である。
   4 .
併用継手は、2種類の機械式継手を組み合わせることでそれぞれの長所を取り入れ、施工性を改良したものである。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問26 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
12
評価しない
正解は1です。

1:誤りです。
設問の文章は、鋼管圧着継手の説明です。
ねじ節鉄筋継手は、ねじ節の鉄筋をカプラーの中に入れて固定する継手です。ねじ節の鉄筋とは、鉄筋の表面をネジ加工したものです。よって、ねじ節鉄筋を、ネジを締める要領でカプラーに挿入できます。ネジがかみ合うことで鉄筋が固定されます。さらに、グラウト材を注入して固定します。

2:設問通りです。

3:設問通りです。

4:設問通りです。
補足として、機械式継手とは、鉄筋同士を機械的に接合した継手です。「機械的に」とは、溶接や圧接以外の方法のことを言います。鉄筋を機械的に接合する方法、機械式継手は大きく分けて以下の5種類があります。それぞれの特徴を覚えましょう。
①ねじ節鉄筋継手
②モルタル充填継手
③端部ねじ加工継手
④鋼管圧着継手
⑤上記の併用継手
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。