過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士「令和元年(2019年)後期」の過去問を出題

問題

日照及び日射に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
北緯 35度付近の冬至における終日日射量は、南向きの鉛直面が他のどの向きの鉛直面よりも大きい。
   2 .
日照時間は、日の出から日没までの時間をいう。
   3 .
北緯 35度付近の夏至における終日日射量は、東向きの鉛直面よりも水平面の方が大きい。
   4 .
大気透過率が高くなるほど、直達日射が強くなり、天空日射は弱くなる。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 令和元年(2019年)後期 1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
28
評価しない
1.設問の通り。

2.誤りです。
「日照時間」とは実際に日が照った時間のこといい、日の出から日没までの時間を「可照 時間」といいます。具体的には、一日のうちで日照計で測定される直達日射量が120W/m2以上の時間です。

3.設問の通り。

4.設問の通り。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
-2
評価しない
1.3.4.設問の通りです。

2.日照時間は日照計で測定される直達日射量が120W/m2以上である時間のことをいいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。