過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18517問」を出題

問題

[ 設定等 ]
スタンダードヘアのカット技法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
まわし刈は、短髪部の面をそろえるための技法で、主に仕上げ刈として用いられる。
   2 .
連続刈は、長髪部位に用いられる技法で、頭部周囲の仕上げ刈に多く用いられる。
   3 .
押し刈は、主に長髪部位に用いられる技法で、広い面積の長髪部位に用いられる。
   4 .
すくい刈は、主に短髪部位に用いられる技法で、コームで毛をすくい出し45度の角度で切る技法である。
( 第27回 理容師国家試験 理容理論 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は、1です。

1 まわし刈は、短髪部の面をそろえるための技法で、主に仕上げ刈として用いられます。

2 連続刈は、短髪部に用いられ、頭部周辺の刈り上げ部分に使用します。

3 押し刈は、短髪部用いられ、連続刈より広い部分に使用します。

4 すくい刈は、長髪部に用いられ、コームですくい上げて歯元で一直線に切ります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

1 . まわし刈
短髪部の面をそろえるための技法で、主に仕上げ刈として用いられます。
大まわし、中まわし、小まわし、少まわしの4つの技法があります。

2 . 連続刈
短髪部位に用いられる技法で、頭部周囲の刈り上げ部分に多く用いられます。
頭皮面に沿って長さを見ながら連続的に切っていく技法です。

3 . 押し刈
短髪部に用いられる技法で、連続刈に比べて広い面積の短髪部に用いられることが多いです。

4 . すくい刈
長髪部位に用いられる技法で、コームで毛をすくい出し歯元で一直線に1回で切る技法です。
1櫛1鋏を原則とします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。