過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

理容師の過去問「第18578問」を出題

問題

[ 設定等 ]
公衆衛生の歴史上の人物で、コレラの流行様式を解明したのは、次のうち誰か。
   1 .
ウィンスロー
   2 .
ジョン・スノー
   3 .
パスツール
   4 .
コッホ
( 第29回 理容師国家試験 公衆衛生・環境衛生 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は2です。

1 ウィンスローは、「公衆衛生は、組織的な努力を通じて、疾病を予防し、寿命を延命し、身体的・精神的な健康と能率の増進をはかる科学・技術である。」と、定義した。

2 ジョン・スノーは、コレラの流行様式を解明した。疫学の父とも言われている。

3 パスツールは、ワクチンの予防接種という方法を生み出し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを生み出した。コッホとともに「近代細菌学の開祖」と呼ばれている。

4 コッホは、炭疽菌や結核菌、コレラ菌を発見した。パスツールとともに「近代細菌学の開祖」と言われている。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は❝2❞で、ジョン・スノーがコレラの流行様式を解明しました。


解説

1 ウィンスローは、アメリカの公衆衛生学者です。1949年に「公衆衛生は、組織的な努力を通じて、疾病を予防し、寿命を延長し、身体的・精神的健康と能率の増進を図る科学および技術である。」と、公衆衛生について定義しました。

2 ジョン・スノーは、19世紀イギリスでコレラが大流行したときに、その感染経路等、流行様式を解明し、コレラの蔓延を防ぎました。世界で初めて疫学調査を行ったとして、ジョン・スノーは疫学の父とも言われるようになりました。

3 パスツールは、フランスの細菌学者で、ワクチンの予防接種によって病気を防ぐ方法を開発し、狂犬病やニワトリコレラ、炭疽病などのワクチンを発明しました。

4 コッホは、ドイツの細菌学者で、近代細菌学の開祖とも言われています。炭疽菌や結核菌、コレラ菌を発見しました。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解:2 ジョン・スノー
1→ウィンスローは公衆衛生の定義をした人物です。
3→パスツールは病原の自然発生を否定、細菌感染予防のためのワクチンを生み出した人物です。
4→コッホは結核菌、炭疽菌の発見者、弟子に北里柴三郎がいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この理容師 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。