精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16044問 出題

問題

次の事例を読んで、問題について答えなさい。
〔事例〕
Kさん(23歳、男性)は、この 5年間、コンビニに買い物に行く程度で、「仕事はするよ」と口にはしているが、自室でテレビを見たりパソコンゲームをしたりする生活をしていた。ひきこもるようになったのは、高校時代に仲の良かった友人とのトラブルがあり、それ以降登校しなくなってからである。 Kさんは小学生のころ両親が離婚し、現在は母親と3歳年上の兄との3人暮らしである。母親とは日常会話はしているが、ひきこもるようになったきっかけや将来のことなどについて話すことはなかった。
母親は何とかしなければど悩んでいたが、県の精神保健福祉センター(以下「センター」という。)で、ひきこもっている当事者や家族への個別相談、家族のセルフヘルプグループ、当事者を対象としたグループワークなどの支援が実施されていることを知り、そのことをKさんに話した。 Kさんがその話に少し関心を示したように思えたため、母親はセンターに相談に行き、 L精神保健福祉相談員が面接を担当した。
その後、母親はL精神保健福祉相談員との面接を継続し、センターで月1回開催されている「ひきこもり家族の会」というセルフヘルプグループに参加するようになった。
このグループに参加するようになってからの母親は、表情も明るくなりKさんと今後のことについても少しではあるが、話すことができるようになってきて、 Kさんへの直接支援をしてほしいと依頼した。

次の記述のうち、母親からの依頼に際して、 L精神保健福祉相談員が行う対応として、適切なものを2つ選びなさい。
 1 . 
Kさんと会うために家庭訪問する。
 2 . 
母親の変化を一緒に振り返る。
 3 . 
直接支援を始めるのはまだ早いことを伝える。
 4 . 
すぐに当事者を対象としたグループワークへ参加するよう勧める。
 5 . 
母親への支援から兄への支援に切り替える。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は1と2です。

この段階は、母親からKさんの直接支援を依頼された段階です。

1.Kさんと会うために家庭訪問することは適切です。

2.母親の変化を一緒に振り返ることは適切です。

3.母親からの依頼に加え、母親の状況など、支援を見送る理由が見当たらないことから、直接支援を始めるタイミングと思われるため、適切ではありません。

4.Kさんへの直接支援がなく信頼関係がない段階で、すぐにKさんにグループワークへ参加するよう勧めることは適切ではありません。

5.この事例では、兄に支援が必要かどうか、読み取ることはできないため、適切ではありません。
評価後のアイコン
2016/03/12 09:03
ID : zvpsuvyxmd
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1と2です。

事例の文に「母親は、表情も明るくなり」とあるところ「Kさんへの直接支援をしてほしいと依頼した」とあるところから、1と2が適切です。3,4,5はKさんに会ってもいない状況で不適切です。
評価後のアイコン
2015/02/23 21:20
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。