過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス  過去問題 | 無料の試験問題

問題

精神医療審査会に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

 1 . 
決定に不服がある場合、上級審査機関に審査請求することができる。
 2 . 
精神医療審査会運営マニュアルによると、取り扱った審査の資料及び議事内容の記録については、少なくとも5年間は保存するものとされている。
 3 . 
退院等の請求を受けて、精神科病院の管理者に対し、退院や処遇改善を命じることができる。
 4 . 
退院等の請求では、やむを得ない事情がある場合を除き、請求受理からおおむね1か月以内に、審査結果を通知するものとされている。
 5 . 
退院等の請求では、同一内容の請求が頻回にある場合、すべて意見聴取を行うこととされている。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.誤答。精神医療審査会の決定に不服のある患者からの再度の請求への対応など機能強化および体制の整備のあり方を検討し、必要な措置を講ずることとされているので上級審査機関は存在しません。

2.正答

3.誤答。退院、処遇の改善命令を行うのは都道府県知事の権限です。

4.誤答。運営マニュアルには概ね1ヶ月、やむ得ない場合は3ヶ月以内と記載されている。

5.誤答。運営マニュアルには同一人から同一趣旨の請求が多数ある場合には、審査の円滑な運営ができるよう、事前に十分整理していくものとするとなっています。

2015/01/30 15:34
ID : uesomqxem
1

正解は2です。

1.精神医療審査会は一審制であり、上級審査機関が存在しないため、上級審査機関に審査請求することはできません。

2.運営マニュアルには「審査の資料及び議事内容の記録については、少なくとも五年間は保存するものとする。」と記載されています。

3.精神科病院の管理者に対し、退院や処遇改善を命じることができるのは、精神医療審査会ではなく、都道府県知事です。

4.退院等の請求に対し、審査結果を通知するのは精神医療審査会ではなく、都道府県知事になります。運営マニュアルには「都道府県知事は、請求を受理してからおおむね一か月、やむを得ない事情がある場合においてもおおむね三か月以内に請求者に対し、審査結果及び理由の要旨を通知するよう努めるものとする」と記されています(やむを得ない事情の場合であっても期限が記されています)。また審査会については「退院等の請求等の審査が迅速(請求等があってから概ね一ヵ月以内)かつ適切に行われるよう設置」と記されています(やむを得ない事情についての記載はありません)。

5.運営マニュアルに「当該請求受理以前六か月以内に意見聴取を行っている場合において、重ねて意見聴取を行う必要が乏しいと認められるときは、この限りではない。」と記載されているため、同一内容の請求が頻回にある場合は、すべて意見聴取を行わなくてもかまいません。

2016/03/21 18:07
ID : zvpsuvyxmd
0

問題の解答と解説の正答は不一致である

2015/01/30 15:47
ID : cnapqzqn
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。