過去問.com

第16回(平成25年度) 精神保健福祉士国家試験 精神障害者の生活支援システム  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の事例を読んで、問題 78から問題 80までについて答えなさい。
〔事 例〕
人口5万人のR市の障害福祉課に勤務するN精神保健福祉士は、民生委員から、Aさん(35歳、男性)の訪問に同行してもらえないかとの依頼を受けた。理由を尋ねると近くのアパートの家主から、「設備点検でAさんの部屋を訪ねたところ、真っ暗な部屋にいたので心配になった」と相談された。すぐにAさんを訪問して困りごとを尋ねたが、「眠れない」と言った後は沈黙が続いた。最後にN精神保健福祉士のことを話すと「会ってもいい」と言っていたとのことであった。
翌日、民生委員と同行訪問したところ、Aさんは次のように話した。「家族はもういない。19歳のときに統合失調症の診断を受けて以来、片道約2時間のY病院に通院している。障害年金と親が残した預金でやりくりしてきたが、残額が3万円になり、電気代の支払いも滞っている。とても不安だ。交通費がかかるので、次の受診をどうしようか迷っている」。

次のうち、この時点でN精神保健福祉士が同行する機関等として、適切なものを2つ選びなさい。

 1 . 
保健所
 2 . 
精神保健福祉センター
 3 . 
福祉事務所
 4 . 
公共職業安定所(ハローワーク)
 5 . 
指定特定相談支援事業所
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は1と3です。

Aさんには眠れないという症状、統合失調症の診断を受けて通院中だという医療の必要性と、障害年金と親が残した預金でやりくりしてきたが残額が3万円になり、電気代の支払いも滞っているという生活面の支援の必要の両方が考えられます。
医療に関する相談は保健所、生活面での相談は福祉事務所がふさわしいです。

2015/04/17 08:28
ID : wpoxudbb
2

1.正答。保健所には精神保健福祉相談員や保健師が設置されているため連携を取る必要があります。

2.誤答。中核都市以外で設置されていない可能性があります。

3.誤答。経済的に圧迫された状態のためです。

4.誤答。現在の状況ではありえません。

5.誤答。サービスの利用が妥当かがまだわかりません。

2015/01/30 17:30
ID : uesomqxem
border line
精神保健福祉士国家試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。