精神保健福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

精神保健福祉士の過去問 第16109問 出題

問題

民生委員・児童委員に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
2011年度(平成23年度)現在の民生委員・児童委員数の男女比は、およそ6:4で男性の方が多い。
 2 . 
民生委員・児童委員の定数は、主任児童委員も併せると2001年度(平成13年度)以降2011年度(平成23年度)まで22〜23万人台で推移している。
 3 . 
民生委員・児童委員の定数を定める配置基準は、全国一律で150から250世帯ごとに1人とされている。
 4 . 
2000年(平成12年)の民生委員法の改正により、民生委員の任期は3年から5年に延長されている。
 5 . 
2011年度(平成23年度)の民生委員・児童委員の「相談・支援件数」は、分野別にみると「障害者に関すること」が最も多い。

この精神保健福祉士 過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
正解は2です。ちなみに2001年度の人数が226,695名、2011年度の人数が233,526名となっています。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1→男女比は6:4ではなく、4:6です。

3→配置基準は4区分あり、市区町村ごとに決められています。そのため、全国一律ではありません。

4→任期は3年です。

5→高齢者に関することが55.3%と最も多いです。
評価後のアイコン
2015/03/16 19:57
ID : wpoxudbb
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は2です。

1.2011年度(平成23年度)の民生委員・児童委員数の男女比は、およそ4:6で女性の方が多くなっています。2014年度(平成26年度)においても、男性91,598人に対し、女性139,741人と同じ傾向です。

2.2001年度(平成13年度)から2011年度(平成23年度)まで、民生委員・児童委員・主任児童委員の定数は22万~23万人台で推移しています。2014年度(平成26年度)も236,296人と同じ傾向です。

3.民生委員法には「民生委員の定数は、厚生労働大臣の定める基準を参酌して、【区域ごと】に、都道府県の条例で定める。」と規定されています。厚生労働大臣の定める基準は、4つの区分があり区分ごとに配置基準の世帯数が定められています。

4.民生委員法には「民生委員には、給与を支給しないものとし、その任期は、【三年】とする。」と規定されています。延長はされていません。

5.2011年度(平成23年度)のデータでは高齢者に関することが55.4%と最も多くなっています。障害者に関することは5.7%です。2014年度(平成26年度)においても56.1%, 5.1%と同じ傾向です。
評価後のアイコン
2016/03/26 21:36
ID : zvpsuvyxmd
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。