過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第18189問」を出題

問題

[ 設定等 ]
社会保障制度に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
1950年の社会保障制度審議会勧告は、日本の社会保障制度について、租税を財源とした社会扶助制度を中心に充実させるとした。
   2 .
1952年の「ILO第102号条約」では、社会保障の給付事由の一つとして、すでに日本の介護保険法にいわれる意味での要介護状態にあることを挙げていた。
   3 .
1962年の社会保障制度審議会勧告は、社会保障制度の体系化を構想し、社会福祉対策を「一般所得階層に対する施策」として位置づけた。
   4 .
1981年の「難民条約」の批准に伴う法整備により、国民年金法、児童手当法、児童扶養手当法、「特別児童扶養手当法」から国籍要件が削除された。
   5 .
1995年の社会保障制度審議会勧告は、後期高齢者医療制度の創設を提言した。
( 第17回(平成26年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
正解は4です。

1.1950年の社会保障制度審議会勧告は、日本の社会保障制度について、租税を財源とした公的扶助ではなく、社会保険に重点を置くべきとしました。

2.1952年の「ILO第102号条約」では、要介護状態は給付事由に含まれていません。

3.1962年の社会保障制度審議会勧告は、貧困階層に対しては公的扶助、低所得階層に対しては社会福祉対策、一般所得階層に対しては社会保険を施策として位置づけました。

4.1981年の「難民条約」の批准に伴う法整備により、記載されている法律から国籍要件が削除されました。

5.1995年の社会保障制度審議会勧告では、後期高齢者医療制度の創設は提言されていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.×
 租税だけでなく、社会保険や、公的扶助(国家扶助・生活保護制度)等などを財源として保障するとしています。
 1950年の社会保障制度審議会勧告(社会保障制度に関する勧告)によれば、「社会保障制度とは、疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子その他の困窮の原因に対し、保険的方法又は直接公の負担において、経済保障の途を講じ、生活困窮に陥った者に対しては、国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに、公衆衛生及び社会福祉の向上を図り、もってすべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにすること」とされています。

2.×
 1952年の「ILO第102号条約」は、社会保障制度の最低基準を、給付の種類別に決めたものです。①医療給付、②疾病給付、③失業給付、④老齢給付、⑤業務災害給付、⑦家族給付、⑧出産給付、⑨遺族給付の9つを対象としました。

3.×
 1962年の社会保障制度審議会勧告は、社会福祉政策を「一般所得階層に対する施策」ではなく、「低所得層に対する施策」として位置づけました。

4.○
 1981年の「難民条約」の批准に伴って、難民の地位に関する条約などへの加入に伴う出入国管理令その他関係法律の整備に関する法律(難民条約関係整備法)が制定され、国民年金法などにおける国籍要件が削除されました。

5.×
 1995年の社会保障制度審議会勧告は、後期高齢者医療制度の創設を提言しているものではありません。
 1995年の社会保障制度審議会勧告は、社会保険方式を中核とした社会保障制度を築いていくという方向性を明示し、従来の租税財源の配分という方法の「公費(措置)方式」でなく、保険料負担と給付の対応関係が明確である「社会保険(契約)方式」が採用されました。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は4です。

1.生活保障の責任は、生活保護法にもあるように国家扶助なので、社会扶助方式で社会扶助方式とは言えません。

2.ILO第102号条約は、給付の種類別に定められたものであり、要介護状態のことを言っているわけではありません。

3.社会保障制度審査会勧告では、社会保障の必要性が挙げられ、所得に合わせた負担方式である社会保険方式を充実させることを重視しています。

4.1981年の難民条約の批准による法整備より、国籍要件が削除されました。

5.1995年の社会保障制度審議会勧告では、後期高齢者医療制度の創設が提言されているわけではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。