過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25732問」を出題

問題

Gさんは、病状が不安定であったために精神科病院に長期入院となっていたが、最近は落ち着いている状態が続いている。Gさんの両親は既に他界し、唯一の親族である妹は遠方に住んでいる。
地域移行支援の依頼をGさんから受けた、N市の指定一般相談支援事業所に勤務する新人H精神保健福祉士は、Gさんの地域移行支援計画を立てるために助言を受けることにした。

H精神保健福祉士が受けた次の助言のうち、コンサルテーションとして、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
N市保健センターの保健師から、精神障害者の訪問看護の利用の可能性を聞いた。
 2 . 
Gさんの支援を共に行うピアサポーターから、過去の事例について聞いた。
 3 . 
上司である事業所管理者から、自分の役割と責任について聞いた。
 4 . 
経験豊富な精神保健福祉士から、地域移行の実践の報告を聞いた。
 5 . 
Gさんの妹から、支援への協力を得られるか聞いた。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説(2件)

評価する
5
評価しない
正解は1です。

コンサルテーションは他の専門職から助言を受けることです。

1.保健師から訪問看護の利用の可能性を聞くことは、コンサルテーションといえます。

2.ピアサポーターは専門職ではないため、コンサルテーションとはいえません。

3.上司から自分の役割と責任について聞くことは、コンサルテーションではありません。

4.同じ専門職の精神保健福祉士から実践報告を聞くことは、コンサルテーションではありません。

5.ご家族に支援の協力を得られるか聞くことは、コンサルテーションではありません。
評価後のアイコン
2017/10/18 18:37
ID : zvpsuvyxmd
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
コンサルテーションは、多職種間のチームアプローチなどにおいて、異なった専門職から対等の立場で助言を受けることを指します。

〇1 . 上記の説明の通り、その一環として適切な選択肢です。

×2 . 同じような疾患や問題を共有するピアサポーターからの情報を得ることは有意義ですが、コンサルテーションとは言えません。

×3 . 上司である事業所管理者から学ぶことは、スーパービジョン(スーパーバイズを受けること)です。職務上の役割や責任について聞くことは、スーパーバイズのうちの管理的機能に該当します。

×4 . 経験豊富な精神保健福祉士から、地域移行の実践の報告を聞くことは、同一職種であるため、コンサルテーションではなく、スーパービジョンです。

×5 . 当事者の家族から、支援への協力を得られるか聞くことは、アセスメントの段階での情報収集です。コンサルテーションではありません。
評価後のアイコン
2018/06/18 15:36
ID : xjyawcqh
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。