過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第25802問」を出題

問題

[ 設定等 ]
日本における地域福祉の前史に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
頼母子講(タノモシコウ)は、共済的・金融的機能を持ち、経済的救済を目的とした組織のことをいう。
   2 .
七分積金制度は、生活に困窮する者の救済を目的とした儒教的徳治主義を象徴とする天皇の慈恵政策のことをいう。
   3 .
五保の制は、生活に困窮する者がいた場合には、まずは親族間での相互扶助を重視した制度のことをいう。
   4 .
結は、江戸幕府の下で町人の負担する町の経費を節約した額の中から積立てをして、貧民や孤児を救済した制度のことをいう。
   5 .
戸令(コリョウ)は、五戸を一組として、共助の機能を持った農耕と貢納のための組織のことをいう。
( 第19回(平成28年度) 精神保健福祉士国家試験 地域福祉の理論と方法 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
正解は1です。

1.頼母子講は、共済的・金融的機能を持ち、経済的救済を目的とした組織のことをいいます。

2.七分積金制度は、江戸幕府の下で町人の負担する町の経費を節約した額の中から積立てをして、貧民や孤児を救済した制度のことをいいます。

3.五保の制は、五戸を一組として、共助の機能を持った農耕と貢納のための組織のことをいいます。

4.結は、集落において労働力を交換しあってお互いに作業を手伝うことです。

5.戸令とは、地方行政と民衆が守るべきことを定めたものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
日本の地域福祉の前史は特に漢字ばかりなので覚えるのも大変ではないでしょうか・・・?
漢字のイメージをつかむ等、自分なりの覚え方をすると良いかも知れません。

1.正しい。頼母子講は無尽とも呼ばれています。毎月お金を積み立ててお互い融通し合う事です。

2.誤り。七分積金は江戸時代に松平定信が実施した積金政策を指します。この積金で飢饉や貧困者の救済を行うことを目的としており明治時代になるまで続いていたとの事です。

3.誤り。五保の制は近隣五戸をもって構成され納税などについて連帯義務を負うこととされました。

4.誤り。結(ゆい)は相互扶助を意味します。
小さな自治単位などでの共同作業の事です(田植えなど)

5.誤り。戸令(こりょう)は地方行政の組織と民の守るべき秩序を定めたもののことです。

以上により選択肢1が正解となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。