過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41060問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医療保障制度の歴史的展開に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)「高齢者医療確保法」とは、「高齢者の医療の確保に関する法律」のことである。
   1 .
健康保険法(1922年(大正11年))により、農業従事者や自営業者が適用対象となった。
   2 .
老人福祉法(1963年(昭和38年))により、国民皆保険が実現した。
   3 .
老人保健法(1982年(昭和57年))により、高額療養費制度が創設された。
   4 .
介護保険法(1997年(平成9年))により、老人保健施設が創設された。
   5 .
健康保険法等の改正(2006年(平成18年))による「高齢者医療確保法」により、75歳以上の高齢者が別建ての制度に加入する後期高齢者医療制度が創設された。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 社会保障 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
①大正11年の健康保険法では農業従事者や自営業者は対象ではなく、いわゆるサラリーマンなどの労働者が対象でした。

②国民皆保険は1961年の国民健康保険法に基づき開始されました。

③高額療養費制度は健康保険法に基づいており、高齢者だけではなく全ての国民が対象となります。1973年の医療制度改革により創設されました。

④老人保健施設は1986年の老人保健法の改正により創設されました。

⑤世代間や保険者間の公平を保つために後期高齢者医療制度が創設されました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1(不正解)
農業従事者が適用対象となったのは1938年からです。よってこの場合適切ではありません。

2(不正解)
国民皆保険制度が実現したのは1961年です。よってこの場合適切ではありません。

3(不正解)
高額療養費制度は健康保険法等に基づく仕組みであり、この場合適切ではありません。

4(不正解)
老人保健施設は、昭和57年の老人保健法により創設されました。老人保健法は2008年に高齢者の医療の確保に関する法律に改正され、老人保健施設もこの法律の中に位置付けられています。よってこの場合適切ではありません。

5(正解)
記載されている通りです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
医療保障制度の歴史についてです。

健康保険法と国民健康保険法は混合しないように気を付けましょう。

1× 健康保険法が誕生した1922年では、工場や鉱山、交通業などの「事務所」で働く労働者のみ対象でした。

2× 1961年の「国民健康保険法」改定により、国民皆保険が実現しました。
国民健康保険法は戦前に制定されたもので、運営主体も組合で運営されていました。
しかし、戦争の影響で制度維持が難しくなり、全国民を包括する国民皆保険が始まりました。

3× 高額療養費制度は1973年の「健康保険法」改正により始まりました。

4× 退院後の高齢者による家庭復帰のために設立された老人保健施設は、1986年の「老人保健法」改正がルーツにあります。

5○ 高齢化による医療費増加の影響を受け、2008年に後期高齢者医療制度が始まりました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。