過去問.com

世界史A 平成24年度(2013年)  過去問題 | 無料の試験問題

問題

世界史上の政治体制について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

ヨーロッパでは、第一次世界大戦の終結時に開催された(8)パリ講和会議が、戦後の国際秩序の構想を示したが、この構想は現実には様々な問題と矛盾も引き起こし、(9)ヨーロッパ各国の内政に大きな影を落とすこととなった。敗戦国ドイツでは、大戦後の国民的不満を背景にした民族的・排外的主張などによって(10)ナチスが支持を広げ、政権を握った。その後、ドイツは1939年にポーランドに侵攻してヨーロッパを(11)第二次世界大戦の惨禍へと引きずり込んだ。

問 下線部(11)について述べた文として誤っているものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。

 1 . 
ド=ゴールは、亡命先からレジスタンスを呼び掛けた。
 2 . 
独ソ不可侵条約を破って、ドイツはソ連に侵攻した。
 3 . 
アウシュヴィッツで、数多くのユダヤ人が殺害された。
 4 . 
アメリカ合衆国は戦争の間、中立を維持した。
この問題の解説
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
まだ、解説の投稿はありません。
border line
世界史Aの最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。