世界史の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

世界史の過去問 第11597問 出題

問題

世界史上で起こった反乱について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

12世紀以降、ネーデルラントでは都市部を中心として、在地の支配者たちによる政治的介入から自治を守るために、民衆反乱が繰り返されていた。(4)14世紀から15世紀にかけて、ネーデルラントの諸地域がブルゴーニュ公の統一的支配圏に組み込まれた後も、君主の中央集権政策に対する(5)蜂起(ほうき)は頻発し、時には徹底した都市の破壊など、厳しい処罰が科されることもあった。16世紀には、公を継いだ(6)ハプスブルク家の統治において、(7)宗教的対立からネーデルラントの反乱が生じるが、その持続的かつ大規模な展開は、やはりそれまでの長期にわたる伝統を抜きにしてはあり得なかったのである。

問 下線部(4)の時期に起こった出来事について述べた文として正しいものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。
 1 . 
聖像禁止令が出された。
 2 . 
イギリス国教会が成立した。
 3 . 
教会大分裂(大シスマ)が起こった。
 4 . 
イエズス会が組織された。

この世界史 過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
1、「聖像禁止令」は、8Cにビザンツ帝国にて出されたものなので、ふさわしくありません。

2、16Cのことなので、ふさわしくありません。

3、1378年~1417年のことなので、これが正解です。

4、16Cのことなので、ふさわしくありません。

評価後のアイコン
2017/05/04 02:49
ID : hxgrxodf
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この世界史 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。