過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社会福祉士「就労支援サービス」の過去問を出題

問題

最近の雇用・労働の状況に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
「平成25年労働力調査」(総務省)によれば、平成25年平均の完全失業率は約6%である。
   2 .
「平成25年労働力調査」(総務省)によれば、平成25年の役員を除く雇用者のうち非正規の職員・従業員の割合は年平均3分の1を超えている。
   3 .
厚生労働省発表の平成25年度分の一般職業紹介状況によると、有効求人倍率は年度平均約0.5倍である。
   4 .
「平成24年度雇用均等基本調査」(厚生労働省)によれば、男性の育児休業取得者の割合は約5%である。
   5 .
「平成24年度雇用均等基本調査」(厚生労働省)によれば、規模5人以上の事業所で介護休業制度の規定がある事業所の割合は約3分の1である。
( 社会福祉士試験 第27回(平成26年度) 就労支援サービス 問143 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
50
評価しない
1× 平成25年の完全失業率は約4%です。ちなみに、平成30年3月の完全失業率は約2.5%となっています。

2○ 平成16年以降、3割を超える割合が続いています。

3× 平成25年の有効求人倍率は約1倍弱となっており、0.5倍よりは高くなっています。

4× 男性の育児休業取得者の割合は約2%です。

5× 介護休業制度の規定がある事業所は3分の1より多いです。しかし、平成25年の実際の取得率は2%にも満たないものでした。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
23
評価しない
1× 完全失業率は数年減少傾向にあります。調査時は6%より低くなっています。
2〇 非正規労働者が3分の1を超えています。
3× 有効求人倍率は平成25年時点では0.93倍となっています。
4× 男性の育児休暇取得率は次第に上がっていますが約2%です。
5× 介護休業制度がある事業所の割合はおよそ65%くらいです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない

雇用・労働の状況について、失業率はよく出題されるので最新のデータを、

チェックをした方がいいでしょう。

1× 平成25年平均の完全失業率は約4%です。

1990年から完全失業率が6%を超えたことはありません。

2〇 正しいです。

労働者派遣法改正により、2004年から非正規の範囲が拡大したのが影響していると思われます。

3× 年平均の有効求人倍率は0.93倍です

4× 男性の育児休業取得者の割合は1.89%です。

一方、女性は83.6%と高いです。

5× 規模5人以上の事業所で介護休業制度の規定がある事業所の割合は、

60%を超えています

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この社会福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。