社会保険労務士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

通勤災害の認定について

通勤途中で起こった災害が労災保険法の保護対象となる災害なのか、そうではないのか判断が極めて難しいのです。現実に裁判例が多数存在しています。そこで通勤災害の認定のしくみについてご説明いたします。

そもそも通勤とはどういう状態を言うんでしょうか?

p109312241497023834874.jpg

通勤とは、労働者が就業に関し、以下に掲げる移動を合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務の性質を有するものを除くとされています。

通勤災害の認定に当たっての原則

通勤災害を認定するための判断基準としては、以下の2つの原則が設けられています。

通勤途中の負傷

通勤にあたって通常ありがちな危険が現実に起きた場合を言います。


通勤途中の疾病

通勤による負傷に起因する疾病その他通勤に起因することの明らかな疾病とするということが、労災保険法施行規則の規定として設けられています。

それでは、このような場合は通勤災害の認定はどうなるでしょう?

p17201224149702383449.jpg

会社から帰宅途中にちょっとレストランで食事をしたり、いつもとは別のルートを通って帰宅するということは有り得る話です。

それではこのような場合にはどのように通勤災害の認定が行われるのでしょうか?

労災保険法の規定では、通勤の経路を逸脱、もしく移動を中断した場合においては、当該逸脱または中断およびその後の移動については原則として通勤とは扱われません。

ただし、当該逸脱または中断が日常生活上必要な行為であってやむを得ない事由により行うための必要最小限度のものである場合は、当該逸脱または中断の間を除き、通勤として扱うとされています。

通勤災害と認められるかどうかの違いはここに関わってくる。

通勤中の負傷や疾病が労災保険法の通勤災害と認められるかどうか。

認められた場合には労災保険法により手厚い給付が受けられることになります。

逆に通勤災害と認められないとなると健康保険法における級が受けられることにはなりますが、健康保険法の給付のほうが明らかに保障のレベルが落ちます。

そういう面において違いがあるということを知っておいてください。

社労士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。