社会保険労務士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

労災保険法における療養の給付について

労災保険法における療養の給付とは、療養補償給付における給付方法の一つです。そこで療養の給付とは何か詳細に説明していきます。

療養の給付について

労災保険法の一文に、療養補償給付は療養の給付とするという規定があります。

これだけでは、なんのことかいまいちつかめませんが、

簡単に言えば、現物給付です。

つまり、療養補償給付を受ける被災労働者が一定の手続きを踏んだ上で、療養を受けるに際に政府からの現物給付を受けられるということになります。

よって、被災労働者は金銭の支払いなく医療機関で療養補償給付を受けることができます。

具体的にはどういった給付を受けられるのか

p1087122514970513821500.jpg

療養の給付の範囲は以下のように決まっています。

これらのうちで政府が必要と認められるものに限られるとされています。

療養の給付の請求方法とは?

療養の給付を受けるには、療養の給付請求書を指定病院等を通じて所轄の労働基準監督署長へ提出する必要があります。

その際には負傷または発病の年月日や災害の原因、及びその発生状況に関しては事業主の証明を必要とするとされています。

社労士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。