社会保険労務士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

労災の休業補償給付はいつまで支給される??

労災の給付である休業補償給付。仕事中の事故等で働けない時にもらえるというのはイメージしやすいですね。ところでこの給付はいつまでもらえるのでしょうか?

休業補償が給付される要件は?

上記の要件を満たすと、休業4日目から支給されます。

3日間休むことによって、働けないとみなされるんでしたね。

いったん支給開始されたら、いつまでもらえるの?

要件を見るとおり、ケガ等が治ったり、治っていなくても働ける状態になると、もらえなくなります。

働けない間の補償ですからね。

また、

症状が固定したときは治ゆと見なし、休業補償給付から「障害補償給付」に変わります。

さらに、休業補償給付は一年半でいったん区切りがあります。

療養開始後1年6ヶ月経過し、その負傷又は疾病が治っておらず、傷病等級1級から3級に該当する程度の障害がある場合は、「傷病補償年金」が支給されます。

障害補償年金との違いがややこしいですが、「症状が固定しているか、していないか」がポイントです!

そこさえ押さえていれば間違いません。

負傷の状態によって期限が決まる!

休業補償給付は、

災害を負った人の症状によって他の給付に変わっていく。

障害が残らなければ他の給付もありません。

試験では、被災者が今どういう状態か?を確認するようにして下さいね。

社労士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。