司法書士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

商事消滅時効について

商事債権についての消滅時効を知っていますか。商事消滅時効についてのお話です。

消滅時効とは

債権は、一定の期間が過ぎると時効にかかって消滅します。

例えば、お金を貸して借用証があっても、時効にかかり、借りた人が時効を主張すると、返済義務は消滅し、貸したお金は返って来なくなってしまうのです。

消滅時効の意義は、

請求できる権利があるのに放置するような者は保護する必要がなく、債権が永遠に不滅だとすると権利関係が複雑で不安定になってしまう

ということです。

ただし、権利を行使すれば、時効の進行を中断させることができます。

また、時効の期間が過ぎると当然に権利が消滅するわけではなく、債務者が時効を援用( 主張 )することによって、はじめて権利が消滅します。

p33611651495541060536.jpg

商事債権の消滅時効

商行為によって生じた債権( 商事債権 )は、法律に別段の定めがある場合を除き 5年で時効により消滅します。

商事債権というのは、債権者または債務者が会社であるときに商行為によって発生する債権のことです。

たとえば、貸主と借主のどちらか一方が会社である場合の貸付金債権などです。

民法の原則として債権の消滅時効は10年間ですが、商事債権に関しては5年となっています。

商事債権が短い消滅時効にかかるのは、商取引の世界では迅速で多量の取引が行われており、早期に権利関係を安定させる必要があるからです。

貸金債権の消滅時効については、『 商事債権として5年の時効にかかる場合 』と『 民事債権の10年の時効 』になる場合がありますので、気を付けましょう。

銀行と違って信用金庫は商人ではないとされ、商事債権とはならないため、5年の時効にかかりません。

上記で10年となっている個人の貸金業者や信用金庫の場合でも、借主が会社の場合は商事債権として5年の時効にかかります。

司法書士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。