宅地建物取引士資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

宅建の過去問 第10844問 出題

問題

A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。
 1 . 
Bの無権代理行為をAが追認した場合には、AC間の売買契約は有効となる。
 2 . 
Aの死亡により、BがAの唯一の相続人として相続した場合、Bは、Aの追認拒絶権を相続するので、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができる。
 3 . 
Bの死亡により、AがBの唯一の相続人として相続した場合、AがBの無権代理行為の追認を拒絶しても信義則には反せず、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。
 4 . 
Aの死亡により、BがDとともにAを相続した場合、DがBの無権代理行為を追認しない限り、Bの相続分に相当する部分においても、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。

この宅建 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は 2 です。

無権代理人が、本人を相続した場合、無権代理人が追認を拒絶することは、信義則上許されないとされています。本肢では、本人を相続した無権代理人が、追認を拒絶できるとしている点で、誤っています。

1.民法113条では、代理権を有しない者が他人の代理人とした契約は、本人がその追認をしなければ、本人に対してその効力を生じないとしています。してがって、Aが追認すれば、契約の効力はAに及びます。

3.判例(最高裁判決昭37.4.20)では、無権代理人を相続した本人は、無権代理行為の追認ができるとされています。

4.判例(最高裁判決平5.1.21)無権代理人が本人を他の相続人とともに共同相続した場合には、共同相続人全員が共同して追認しなければ、無権代理行為は有効とならないとされています。したがって、AC間の売買契約は当然には有効になりません。
評価後のアイコン
2014/12/13 15:56
ID : vkwhjenv
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
【答え】2.

1. 正
(民法 第113条1項)
代理権を有しない者が他人の代理人としてした契約は、本人がその追認をしなければ、本人に対してその効力を生じない。

本肢では、Aが追認した場合は、売買契約は有効となります。

2. 誤
(判例)
本肢では、本人Aが死亡し、無権代理人BがAを相続した場合、無権代理行為は有効となり、Bは拒絶することはできません。

3. 正
(判例)
本肢では、無権代理人Bが死亡し、本人AがBを相続した場合、Aが追認を拒絶しても信義則に反することはありません。

4. 正
(判例)
本肢では、本人Aが死亡し、無権代理人Bと他の相続人Dがいる場合は、他の相続人Dが追認しない限り、有効になるわけではありません。
評価後のアイコン
2014/11/21 14:47
ID : saqzjdhpr
評価する
0
評価しない
1.文章の通りです。Aが追認した場合はAC間の売買契約は有効となります。

2.追認を拒絶する事は出来ません。

3.文章の通りです。Aは追認拒絶をすることができます。

4.文章の通りです。相続した全員が追認しないといけません。
評価後のアイコン
2014/10/30 10:59
ID : ffwqkrtewz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この宅建 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。