過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 宅建業法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において、「事務所」とは、同法第15条に規定する事務所等をいう。

 1 . 
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、公衆の見やすい場所に、免許証及び国土交通省令で定める標識を掲げなければならない。
 2 . 
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備える業務を怠った場合、監督処分を受けることはあっても罰則の適用を受けることはない。
 3 . 
宅地建物取引業者は、各事務所の業務に関する帳簿を主たる事務所に備え、取引のあったつど、その年月日、その取引に係る宅地又は建物の所在及び面積等の事項を記載しなければならない。
 4 . 
宅地建物取引業者は、その事務所ごとに一定の数の成年者である専任の取引主任者を置かなければならないが、既存の事務所がこれを満たさなくなった場合は、2週間以内に必要な措置を執らなければならない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

【答え】4.

1. 誤
(宅地建物取引業法 第50条1項)
宅地建物取引業者は、事務所等及び事務所等以外の国土交通省令で定めるその業務を行う場所ごとに、公衆の見やすい場所に、国土交通省令で定める標識を掲げなければならないとされています。
免許証の掲示は規定されていません。

2. 誤
(宅地建物取引業法 第48条3項)
(宅地建物取引業法 第83条3の2号)
宅地建物取引業者は、国土交通省令で定めるところにより、その事務所ごとに、従業者名簿を備え、従業者の氏名、住所、第一項の証明書の番号その他国土交通省令で定める事項を記載する義務があります。
従業者名簿を備えず、又はこれに同項に規定する事項を記載せず、若しくは虚偽の記載をした者は、五十万円以下の罰金に処するとされています。

3. 誤
(宅地建物取引業法 第49条)
宅地建物取引業者は、国土交通省令の定めるところにより、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあったつど、その年月日、その取引に係る宅地又は建物の所在及び面積その他国土交通省令で定める事項を記載しなければならないとされています。
主たる事務所だけではなくその事務所ごとに義務付けられています。

4. 正
(宅地建物取引業法 第15条1項、3項)
宅地建物取引業者は、その事務所または事務所等ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の取引主任者を置かなければなりません。
既存の事務所等がこれを満たさなくなった場合には、二週間以内に必要な措置を執らなければなりません。

2014/11/05 19:34
ID : saqzjdhpr
1

1.標識は公衆の見やすい所に掲げないといけませんが免許証は掲げなくてもいいです。
2.従業者名簿を備える業務を怠った場合、罰則の適用はあります。
3.帳簿は主たる事務所に備えるのではなく、各事務所に備えなくてはいけません。
4.文章の通りです。

2014/10/22 10:11
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。