過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 宅建業法    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

宅地建物取引業者の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。なお、この問において、「還付請求権者」とは、同法第27条第1項の規定に基づき、営業保証金の還付を請求する権利を有する者をいう。

 1 . 
宅地建物取引業者は、宅地建物取引業に関し不正な行為をし、情状が特に重いとして免許を取り消されたときであっても、営業保証金を取り戻すことができる場合がある。
 2 . 
宅地建物取引業者は、免許の有効期間満了に伴い営業保証金を取り戻す場合は、還付請求権者に対する公告をすることなく、営業保証金を取り戻すことができる。
 3 . 
宅地建物取引業者は、一部の支店を廃止したことにより、営業保証金の額が政令で定める額を超えた場合は、還付請求権者に対し所定の期間内に申し出るべき旨を公告し、その期間内にその申出がなかったときに、その超過額を取り戻すことができる。
 4 . 
宅地建物取引業者は、宅地建物取引業者保証協会の社員となった後において、社員となる前に供託していた営業保証金を取り戻す場合は、還付請求権者に対する公告をすることなく、営業保証金を取り戻すことができる。
この宅建 過去問の解説(2件)
1

1.文章の通りです。免許を取り消されても営業保証金は取り戻す事は出来ます。
2.期間満了の場合の営業保証金の取戻しは公告が必要です。
3.文章の通りです。公告し、その期間内にその申出がなかったときに、その超過額を取り戻すことができます。
4.文章の通りです。宅地建物取引業者保証協会の社員となった場合は公告せずに営業保証金を取り戻すことができます。

2014/10/22 10:24
ID : ffwqkrtewz
付箋メモを残すことが出来ます。
0

【答え】2.

1. 正
(宅地建物取引業法 第30条1項)
宅地建物取引業者は、免許取消処分を受けた時は、営業保証金を取り戻すことができる場合があります。

2. 誤
(宅地建物取引業法 第30条2項)
営業保証金の取り戻しは、6か月以上の一定期間内に申し出るべき旨を公告し、その期間内にその申出がなかった場合でなければ、これをすることができないとされています。
還付請求権者に対する広告は必要です。

3. 正
(宅地建物取引業法 第30条2項)
一部の事務所を廃止したため、営業保証金の超過額を生じた場合には、6か月以上の一定期間内に申し出るべき旨を公告し、その期間内にその申出がなかった場合であれば、その超過額を取り戻すことができます。

4. 正
(宅地建物取引業法 第64条の14)
宅地建物取引業者が保証協会の社員となった後においては、公告なしで営業保証金を直ちに取り戻すことができます。

2014/11/05 19:39
ID : saqzjdhpr
border line
過去問.com 宅建の記事
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。