過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成22年度(2010年) 宅建業法  過去問題 | 無料の試験問題

問題

宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で宅地の売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。

 1 . 
当事者の債務不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の予定額を定めていない場合、損害賠償の請求額は売買代金の額を超えてはならない。
 2 . 
当事者の債務不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の予定額を売買代金の2割とし、違約金の額を売買代金の1割とする定めは、これらを合算した額が売買代金の3割を超えていないことから有効である。
 3 . 
Aが、当該売買契約の解除を行う場合は、Bに対して「手付の倍額を償還して、契約を解除する。」という意思表示を書面で行うことのみをもって、契約を解除することができる。
 4 . 
Aは、当該売買契約の締結日にBから手付金を受領し、翌日、Bから内金を受領した。その2日後、AがBに対して、手付の倍額を償還することにより契約解除の申出を行った場合、Bは、契約の履行に着手しているとしてこれを拒むことができる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

【答え】4

1. 誤
(民法 第416条1項)
債務の不履行に対する損害賠償の請求は、これによって通常生ずべき損害の賠償をさせることをその目的とするとされています。
損害賠償の予定額を定めていない場合、民法の規定に従って実害に応じた額の賠償請求ができます。

2. 誤
(宅地建物取引業法 第38条1項)
宅地建物取引業者がみずから売主となる宅地又は建物の売買契約において、当事者の債務の不履行を理由とする契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定めるときは、これらを合算した額が代金の額の十分の二をこえることとなる定めをしてはなりません。

3. 誤
(宅地建物取引業法 第39条2項)
宅地建物取引業者が、みずから売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して手附を受領したときは、その手附がいかなる性質のものであつても、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手附を放棄して、当該宅地建物取引業者はその倍額を償還して、契約の解除をすることができるとされています。
書面での意思表示ではなく、手附の倍額を支払わないと契約解除はできません。

4. 正
(宅地建物取引業法 第39条2項)
当事者の一方が履行に着手すると契約が解除することができません。
本問では、Bが内金を支払っていることから、契約の履行に着手していることになりますのでBは契約解除を拒否することができます。

2014/11/05 19:59
ID : saqzjdhpr
1

1.損害賠償の予定額を定めていない場合でも売買代金の10分の2を超えてはいけません。
2.契約の解除に伴う損害賠償の予定額と違約金の額を合わせて2割までしか定められません。
3.書面のみではなく、現実の提供をしなくてはなりません。
4.文章の通りです。内金を受領したという事は履行に着手しているといえます。よって契約解除の申出を拒否出来ます。

2014/10/22 16:34
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。